リデュース

食欲をコントロールして痩せられる薬

 

痩せる薬の中には食欲を減らす効果を利用してダイエット効果を期待できる薬もあるのは知ってるわね?


 

 

はい!サノレックスとかもその類ですよね?


 

 

よく知ってるわね!ちゃんと勉強できて偉いわ!
でも、他にも同じような効能をもつ痩せる薬はあるのよ!


 

 

そうなんですか!?
るみ先生教えてください!


 

 

もちろんよ!
今回は食欲をコントロールできるリデュースという薬について勉強していきましょうね!


 

 

は〜い!


 

リデュースは医薬品で服用することにより、食欲が減って、摂取カロリーが少なることにより、ダイエット効果を期待することができます。

 

実際にリデュースを摂取して、体重が落ちたという人も多いく、目指している体重を実現することができたという人もいます。

 

その中で注意点としては、偽物の噂や服用することにより副作用などの心配も出てきます。
そこで当ページでは、そんな不安を解消するために、リデュースについて詳しく紹介していきますので参考にしてみてください。

 

リデュースについて

リデュースは海外の製薬会社が開発した食欲抑制剤です。実際に日本では個人輸入通販を利用することが購入する事ができて、実際に摂取している人もいます。

 

リデュースについては、有効成分となっているのがシブトラミンですが、この成分の作用により食欲を抑えることができます。
体重を落としたいと考えている人や食べすぎだと実感している人などは早く痩せたいという気持ちばかり焦ってしまいます。

 

しかし、適当に飲むだけでは効果を期待することができず、何よりも大切なことは、正しい飲み方で量をきちんと守って服用することが重要になります。

 

リデュースは、痩せたいと考えている人や肥満の人、ダイエットを考えている人、食欲を抑えたいと考えている人におすすめできる薬です。
その効果については24時間といわれていて、1日に1回服用することにより、食欲を抑えることができて、食べ過ぎなどを防ぐことができます。

 

リデュースを服用すると食欲を感じることがなく、無理な食事制限などを行う必要もなく、自然に食欲を抑制することができるので、無理なく痩せることができる点で日本人の服用者も年々増加傾向にあります。

 

リデュースのダイエット効果

リデュースはシブトラミンという成分が主な成分となっています。

リデュースの治療では肥満の人、体重が87キロ以上だったのが半年の服用で8キロ程度体重が減ったという効果があったといわれています。

 

リデュースの服用だけでなく、食事制限もきちんと行って治療を行った結果となっています。

 

リデュースで痩せる効果を得ることができるのは、シブトラミンが脳内の神経に作用することにより、セロトニンやノルアドレナリンの働きを調整することにより、食欲を抑える効果を期待することができる作用があります。

 

リデュースは食欲を抑制する薬ですが、それだけではなく、代謝を向上させる効果もあり、ダイエットにつなげることができるのです。

 

リデュースの治療を行った対象者については、肥満の方を対象としており、標準体重の人には効果は出ないといわれています。
リデュースの服用をすることにより、食欲を抑制する事が出来ますが、実際に飲むだけで痩せるというわけではなく、食事制限などもきちんと意識する必要があります。

 

 

飲むだけで痩せるというのは間違いなんですね?


 

 

もちろんよ!
これはリデュースに限らず痩せる薬にはいえることだからくれぐれも覚えておきましょうね!


 

 

は〜い!副作用のほうはどうなんでしょう?


 

 

あるわ。
これから具体的に解説していくからみていきましょうね!


 

リデュースにはどんな副作用があるの?

どんな薬にも副作用があるといわれていますが、リデュースの代表的な副作用としては、のどの渇き、頭痛、便秘、不眠などの症状が出る可能性があるといわれています。

実際に副作用の度合については、軽度といわれており、長い期間続くものではないとされています。

 

しかし、副作用については、個人で違ってきますので重い場合には、服用を中止して、リデュースの服用をしているという事で医療機関に受診する必要があります。
リデュースの主な成分となっているシブトラミンは重要な副作用として心臓発作が報告されていて、最悪の場合には死に至る場合もあるといわれています。

 

さらに、リデュースは依存性が高いという結果も出ており、服用しないと落ち着かない、集中力が低下する、イライラしてしまうなどの薬物依存の症状が出てしまう人もいるので、きちんと自分の体調を管理しながら服用する必要があります。

 

リデュースはダイエット効果を期待することができるといわれていますが、長期間の服用や乱用は控える必要があり、不妊に影響を与えるという報告もありますので、その辺もきちんと考えて服用する必要があります。

 

リデュースを服用する時の注意点

リデュースは基本的に高度肥満症の治療に使われる薬です。

 

実験の結果では、BMI値32以上で体重が87キロ以上の肥満患者が対象となっています。
BMIは「体重(kg) ÷ (身長(m) × 身長(m))」で算出する事が出来るようになっています。

 

また、高度肥満の人が服用した場合、効果を期待することができないといわれていて、副作用やリスクのことを考えると適正体重の方にはおすすめできません。
さらに、妊娠中や授乳中は服用は避けるようにしましょう。

 

リデュースには、心臓発作などの副作用が報告されてるので、高血圧の方や心疾患、脳梗塞、脳卒中などの病気をしたことがある人や、治療を行っている人は、副作用が重度となり死に至る可能性もあります。このような場合、服用には十分注意する必要があります。

 

リデュースの価格

まず、日本では販売されていません。リデュースの購入をお考えの方は、海外から個人輸入する必要があり、入手方法はそれしかありません。

 

リデュースは輸入を禁じられているわけではないので、輸入することも可能となっていますが、海外製の医薬品の個人輸入を代行してくれるサイトはたくさんありますが、リデュースを取り扱っているサイトは少ないのが現状となっています。

 

リデュースの取り扱いがある個人輸入代行サイトの参考価格ですが、10カプセルが1シートとなって販売されており、価格は2400円程度となっています。
価格も手ごろな価格で購入する事が出来ますが、何よりも副作用をしっかり把握して服用するかどうか決める必要があります。

 

同じように肥満の悩みを抱えている人に食欲抑制剤とは違い、食欲を抑える事が出来る薬もありますが、副作用もリデュースよりは避けることができます。
安全に服用していきたいと考えている人には、ゼニカルがおすすめできます。

 

まとめ

 

リデュースについて、まなちゃん今回どうだったかしら?


 

 

高度肥満症患者さん向けというだけあって、日本では入手困難というのも予想通りな感じでした(笑)


 

 

この類の痩せる薬で日本国内で保険適用で入手できるのは「サノレックス」くらいのものよ!


 

 

なるほど!でもリデュースも捨てがたいです。


 

 

個人輸入での購入にしても服用するにしても慎重にね!
ではここまで統括していきましょうね。


 

 

は〜い!


 

リデュースの効果や副作用、飲み方などを理解したうえで服用を検討する必要があります。

 

食欲抑制剤はダイエット薬とは作用が違っていますが、痩せる目的で服用する点では同じです。
ダイエットを考えている場合には、薬だけでに頼るのではなく、何よりも自分の努力や意志を重視する必要があります。

 

継続することができないという人も多いと思いますが、大事なことは、医薬品であり薬を服用するという事なので、摂取方法や副作用などをしっかり理解する必要があります。
安易な気持ちで乱用してしまったり、早く効果を出したいと用量を勝手に増やして摂取したりすると健康な体に悪影響を及ぼしてしまう可能性が高くなりますので、注意しましょう。

 

どんな薬でも同じですが、安心、安全に服用することを重視することにより、効果につながります。
服用する場合には、用法や用量をしっかり守って取り入れるようにしましょう。