オルリファスト

ゼニカルのジェネリック

 

ジェネリックって言葉をまなちゃんは聞いたことがあるかしら?


 

 

もちろん知ってます。
薬局とかでも最近「こっちのほうが安いですよ」ってすすめられたりしますもん。


 

 

たしかにそうね。
なら、有名な痩せ薬のゼニカルにもジェネリックが沢山あるの知ってたかしら?


 

 

え!?それは知りませんでした!氾濫して偽物とかもありそうで怖いですね〜


 

 

そうね。この辺りも知っておく必要があるから、ここから解説していくわね。


 

未承認薬オリファスト

「オルリファスト」このワードを、ダイエットに興味を持っておられる方であれば一度は、聞いたことがあるかもしれません。

多くの方に人気があるダイエット薬ゼニカルのジェネリック薬品です。

 

ジェネリックということで正規品のゼニカルより安く手に入れることができますし、効果は変わらないということで、愛用者が増え続けていると言われています。

 

オルリファストは、体内に取り入れた脂肪の約30%を体内に吸収せずに、体の外へ便にして排出させる効果がある薬として知られています。

 

そのため食事制限をする必要もなく、普通に生活していてただオルリファストを服用すれば良いというだけで体重が落ちるということで、多くの人に人気なのも納得です。
このオルリファストは外国製のダイエット薬ですが、日本人に比べて欧米人は骨格も大きいですし、肥満の割合がとてつもなく多いと言われています。

 

遺伝的な問題もありますし、毎日の食生活も全く違いますから当然といえば当然でしょう。

 

だからこそ国を挙げて肥満対策に取り組んでおり、日本よりもより効果的なダイエット薬を多く輩出しているのです。
残念ながらオルリファストはまだ日本では承認されていない薬ですが、個人輸入業者などを通して通販サイトなどで購入することができます。

 

では多くの人が愛用しているこのオルリファストが一体どんな効果があるのか、またそんなに効果的な薬なら副作用は心配しなくても良いのか…。
当ページではオリファストの作用、副作用に着目しながら、そのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

 

オルリファストとは

 

ゼニカルのジェネリックの中でも有名なのがオリファストなの。


 

 

数あるジェネリックの中でもオリファストなら安心できそうですね。


 

 

でも、本家のゼニカル同様に副作用もあるからしっかり知っておく必要はあるわよ!
本家のゼニカルに関しては以下の記事で詳しく解説しているから、気になる方はこちらも参考にしてみると良いわ。


 

>>ゼニカルのダイエット効果と副作用

 

オルリファストは先ほども取り上げたように、体の中に取り入れられた脂肪を吸収させずに外に排出するように促す役目があります。

ですから食事をしても体の脂肪にならないと言うわけです。

 

食べることが大好きなという人にとってはとってもありがたい薬なのではないでしょうか。
通常はダイエットといえば食事制限をしなければなりません。

 

ちょっとやそっとの食事制限では体重は落ちないので、お米を食べれないとか野菜ばかり食べるとか、夜は何も食べないなどの過剰な食事制限に手を出す人も少なくありません。

 

食べることにあまり執着がない人にとっては良いのですが、太り気味の人はほとんどが食べることが大好きな人が多く、そのため食事制限のダイエットは食べたいものを食べれないというストレスにしかなりません。

 

ストレスが自律神経に影響を与えますから、ダイエットには大敵です。
これが悪循環となり、結局食事制限が続かずにダイエットを諦めてしまったという方も少なくありません。

 

そうならないためにぴったりなのがオルリファストです。

 

外国では既にメジャーなダイエット方法ですが、過度に厳しい食事制限をするのではなく、普通に食事して摂取した脂肪分を体内に吸収させずに、体外に排出するオルリファストを使用する方がより効果的なようです。

 

食べたいものも食べることができるのでストレスもたまらず、自分が満足する体型に慣れるまで長期にわたって続けることができます。

 

ストレスがない分、しんどくて続かなかったということはありません。
このオルリファストは国内で認められていないので薬局なので手に入れることはできませんが、個人輸入通販のいくつかのサイトを通して購入することができます。

 

それらのサイトには口コミや評判、レビューが載せられており、それらの意見を参考にして購入するかどうかを決めることができます。口コミの中には、オルリファストに関するメリットもデメリットも乗せられていますから、どちらの意見も参考にして自分に合うかどうかを判断することができるでしょう。

 

どんな人も利用することができるオルリファストですが、特にカロリー多めの食事が好きな方、甘いものがどうしても止められない方、ダイエットしたいけれども絶対に食事制限は嫌だと言う方にはおすすめのダイエット薬です。

 

世界的に有名なゼニカルのジェネリック医薬品

オルリファストはゼニカルのジェネリック医薬品として有名ですが、そのもとになっているゼニカルはアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration; FDA)の認可を受けているお墨付きのダイエット薬です。

 

アメリカでは知らない人はいないということの認知度で、愛用者もかなりの数に上ります。

 

医療現場でも、肥満治療薬として処方されるほどでかなりの効果が実証されています。そんなオルリファストですが、残念ながら日本では認可が下りていないので、病院で処方されたり、薬局で買ったりすることはできませんが、個人輸入を行っている業者の通販サイトから購入することが可能です。

 

薬剤師が処方しているわけではないので何かトラブルがあった時には個人の責任になりますし、訴えたりすることもできませんが、それでも良いという方は試してみる価値がある薬とも言えるでしょう。
オルリファストはゼニカルのジェネリックなので、同じような効果が見込めるのに値段が安いということで、ゼニカルよりも人気が出ています。

 

オルリファストに含まれている主成分のオーリスタットは、体内に取り入れられる脂肪分をブロックして体に吸収させないようにし、そのまま体の外に排出するように促します。
本来は脂肪が体内に吸収されると、それが身につきどんどん太ってしまうのですが、そうならないとなると徐々に体重が落ちてくることも納得できます。

 

いつも脂っこい食事をしている方やカロリーの高い食事がやめられないという方にぴったりのダイエット薬と言えるでしょう。
脂肪吸収せずに肥満になることを押さえることができると言うのであれば、肥満を原因として起こる数々の病気も事前に防ぐことができるということです。

 

例えば高血圧や糖尿病、高血糖、高血圧症、健康診断で引っかかる高コレステロールなど様々な重い病気を引き起こす要因を減らすことができるので、ダイエットだけのメリットではないかもしれません。
特に中年の方がこういった病気を引き起こしやすいので、少し前からオルリファスト服用して、体内に脂肪をためないようにしておくことは効果的なのかもしれません。

 

 

オリファストもゼニカルとほど同じという認識で良いんでしょうか?


 

 

今のところゼニカル以上の副作用とかの報告は無いけど、あくまでジェネリックだから今後何があるか分からないわ。
例えば製造会社が倒産すれば販売が終了したりもするのよ。


 

オルリファストのメリットとデメリット

 

先生、やっぱりオリファストにも副作用はあるんですよね?


 

 

さっきも言った通りゼニカル同様にあるわね。これから解説していくわね!


 

オルリファスト服用すると、食事した際の約30%の脂質を体の外に出してくれる作用がありますが、その際に仕事一緒にビタミンやベータカロテンなどの栄養素も一緒に排出してしまうので、実際体に必要な栄養素が減少してしまうというデメリットがあります。

 

ビタミンやカロテンなどの栄養素は、食材から摂取するのが好ましいのですがオルリファストを服用していると脂肪と一緒に流れ出てしまうので、オルリファストを服用している間はビタミンやベータカロテンなどの栄養素が足りなくならないためにサプリメントなどで補給する必要があるでしょう。

 

ビタミンEなどの特定のサプリメントを服用しても良いですし、マルチビタミンなどの沢山の栄養素が入ったサプリメントを併用しても良いでしょう。かと言って、ビタミンの豊富な食材を摂取しなくてもよいというわけではありません。どちらかだけに偏らないように平等に服用するようにしましょう。

 

また個人の体質によっては、主成分のオーリスタットにアレルギー反応が生じる場合もあるので、アレルギー体質の方や薬でアレルギー反応を生じる可能性がある方は特に注意して下さい。前もって医師に相談することもできますし、服用して何か変化が生じたならすぐに飲むのを中止してくださいてください。

 

オルリファストの副作用

オルリファストを購入しようかと考えておられる方にとって一番気になるのはオルリファストの副作用でしょう。
デメリットが受け入れられないものであれば服用を諦めなければなりません。

 

ですが意外にもオルリファストに大きな副作用はないと言われています。

 

販売されているサイトの評判や口コミなどを見ていただいてもわかることだと思いますが、体調崩すような大きな副作用は確認されていません。
ただ注意点が一つだけあり、多くの口コミにも現れていますがトイレ事情には気をつけなければならないようです。

 

いつもより下痢気味になったり、油が混じったゆるい便がよく出るようになったり、おならの回数や匂いが増すなどのトイレに関するトラブルが増える傾向にあるようです。
外出中や仕事中などにそうなってしまうと辛いですが、オルリファストを服用する時間をよく考えれば、そんなに悩むことではありません。

 

また先ほども少しご紹介しましたが、オルリファストを服用すると脂肪と一緒に脂溶性栄養素のビタミンやベータカロチンも一緒に排出されてしまうので、体に必要な栄養素が足りなくなってしまう場合があります。サプリメントを服用して、栄養素を補うようにしましょう。

 

もしオルリファストと飲もうと思っているサプリメントの飲み合わせについて不安に感じるならば、医師に相談するなどして飲み合わせのアドバイスをもらいましょう。

 

まとめ

 

ゼニカルのジェネリック「オリファスト」まなちゃんどうだったかしら?


 

 

ゼニカル同様に作用、副作用あるんですね!
ゼニカルよりはお財布には優しいんでしょうけど…


 

 

そうね。でも日本では未承認な訳だから個人輸入での購入が一般的になってるわね。


 

 

そうですよね!
では、先生ここまで統括お願いします。


 

 

わかったわ!


 

オルリファストはダイエットを望んでいる人にとってとても魅力的な薬です。
特に食事制限や運動をする必要もなく、ただ食事の前に飲んでいるだけで脂肪をカットしてくれるわけですから、とても楽にできるダイエットのひとつでしょう。

 

ですが副作用の一つとも言われる便意に変化には気をつけなければなりません。
便がゆるくなったり、油が混じったような便が出たり、回数が多くなったりと外出している時には仕事の時には不都合が生じるかもしれません。

 

オルリファストを服用する時には、トイレに行ける状況であることを確認する、または一日中家にいると言う予定の時のほうが良いのかもしれません。
自分の生活スタイルに合わせて、服用するペースを決めるなど工夫して利用するようにしましょう。